平田英明ショー
<span style=font-size:x-small>ただ今テスト公開中です</span><a href="http://hiratahideaki.blog8.fc2.com/blog-entry-2.html"><img src="http://blog8.fc2.com/h/hiratahideaki/file/menu2.gif"style="border: 0px solid ;"></a> <a href="http://hiratahideaki.blog8.fc2.com/blog-entry-3.html"><img src="http://blog8.fc2.com/h/hiratahideaki/file/menu3.gif"style="border: 0px solid ;"></a> <a href="http://hiratahideaki.blog8.fc2.com/blog-entry-4.html"><img src="http://blog8.fc2.com/h/hiratahideaki/file/menu4.gif"style="border: 0px solid ;"></a> <a href="http://hiratahideaki.blog8.fc2.com/blog-entry-5.html"><img src="http://blog8.fc2.com/h/hiratahideaki/file/menu5.gif"style="border: 0px solid ;"></a> <a href="http://bbs.avi.jp/bbs.php?kid=202452&tid=6186014&mode=&br=pc&cnt=no&s="><img src="http://blog8.fc2.com/h/hiratahideaki/file/menu6.gif"style="border: 0px solid ;"></a> <a href="mailto:hidedon36@earth.ocn.ne.jp"><img src="http://blog8.fc2.com/h/hiratahideaki/file/menu13.gif"style="border: 0px solid ;"></a>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
GARAGE KIT GALLERY
Y-wing(1/72)?1993年 青島文化教材社/アルゴノーツ
ga2_bs.jpg ga2_bs.jpg
ソフトビニール、レジン、メタルなどの複合材料キット。
当時は今と違って決定版を作らなくても良い雰囲気だったけど、マニアの目もあり、そうはいかない(笑)。
Y-wingはプロップ毎にディティールが違うので、画像確認だけではまとまらない。
イメージを損なわないように創作した部分多し。

ミレニアムファルコン号(1/144) -1994年 青島文化教材社/アルゴノーツ
ga5s.jpg
ソフトビニール、メタルの複合素材キット。「焼きだし型」原型で納品。
コレはレジンの薄皮一枚の原型で、中身は空洞になっており、コレにメッキをかけてつぼ形を作る。
つぼ形完成後、中の原型を焼いて、掻き出すのだ。
ワックスに転換する工程を省く事でシャープな線を出せるため、メカニックモデルに多用されていた。
当時はこういうキットが多かったのだ。

V-1ミサイル&ドリー(1/35) -1996年 SDE
ga1_as.jpg ga1_bs.jpg
田宮の48キットが発売され得るずっと前、V-1の決定版キットをこさえる事になったのだ。
形が形だけに大して手間がかからないと思ったが甘かった!単純なだけにイメージ決めが難しいのよ。加えてドリーの資料がほとんどない(汗)!
結局スケールアビエーションなどでお馴染みのドイツ機研究家・國江隆夫さん家に押し掛けて、秘蔵資料を御借りしたのだ。おかげさまで今でも決定版です。國江さんありがとう!

ベルグドル(1/144) -1996年 ウェーブ
ga4_as.jpg ga4_bs.jpg
レジンキット。ハイエンドCGの資料を渡されて原型製作に挑んだのだが、やはり、劇中(ゲーム中)のイメージも咀嚼したい!というわけで、毎日ゲーセン通いでベルグドルを操ってました(笑)。
当時住んでいた八王子では最強ベルだったぜ!
CG屋さんの原型監修は独特で、いい勉強になりました。

ビッグ・オー(ノンスケール) -1999年 レイアップ
ga3_as.jpg ga3_bs.jpg
コレはガレージキットではなく、その当時のホビーショーだったかおもちゃショーだったかで、商品開発を発表するためのショーモデル。納品したらそのまま帰ってこなくなるので、写真を撮っておいたのだ。
記録によると(私はちゃんと作業日誌を書いてるのだ)工期1週間で納品してる。速っ!
ショー直前には突貫工事も多いのだ。
スポンサーサイト
2005/05/24(火) 01:09:12| メニュー| トラックバック(-) コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。